サヤカの株式投資メモ

アラフォーシングルOLのサヤカです。投資歴2年目。ぷちリッチにやってます^^

TATERU(1435)の下落とガチホの危険性

 

すでにみなさん、ご存知のとおりTATERU(1435)がたいへんなことになり、多くの投資家さんが被害をこうむっているのではないかと思います。

 

 

『成長株......』『優良株......』などという名前のファンドにも多く組み入れられていたようですね。成長株投資で知られている投信でも大量保有していらところが多かったのではないでしょうか。

 

機関投資家さんも、今回の問題では売るしかなかったのでは?と思います。

 

 

私のような個人投資家さんで被害をこうむってしまった方には本当にお気持ちお察しいたします。

 

今後に期待をもって、またがんばっていきましょうね!

 

 

 


こういうことがあると、想定外のことに備えておくことの重要性を痛感しますね。

 

 

 

最近『ガチホ』という言葉をインターネット界隈でよく見ます。

 

『ガチでホールド(継続保有)』という意味で、仮想通貨の取引で言われ始めたようです。

 

多少のボラティリティに一喜一憂せずに長期保有するスタンスだよ!ってことですね。

 

 

 

でも株式投資の世界では昔から「銘柄に惚れるな」と言われています。

 


「この銘柄は絶対に信頼できる成長株だからガチホ!」と考えて、日々のケアを怠っていると、ある日あっという間に暴落、なんてこともあり得ます。

 


「この銘柄だけは絶対にそんなことはない」とは誰も言えないんですよね。

 

何かが起きて暴落したときはどうするか?ってことは常に考えておいたほうがいいですよね。