サヤカの株式投資メモ

アラフォーシングルOLのサヤカです。投資歴2年目。ぷちリッチにやってます^^

株式投資のお勉強もたいがいになさったらいかが?

 

先日ちょっとした交流会でお会いした方、
その方も株式投資をやると偶然分かって一気に親近感わきました。

 

ところが、その方に
デイトレとかスイングですか? それとも長期投資ですか?(^^)」
とお聞きしたところ......

「いやー、まだまだ勉強段階なんです」
とおっしゃるので
「???」となりました。
つまりまだ全然買ったことがないんだそうです。

 

 

株式投資の勉強は終わりがないから常にしなければいけないと私も思っていますが、
勉強段階だからといって銘柄を買えないということはないと思います。

そりゃあ、買うのは怖いでしょうけれど、
きちんとロスカットルールを守っていれば、いきなり財産がゼロ!なんてことにはならないはず。

 


で、その方に
「勉強ってどんなことをなさっているんですか? 投資学校に入ってるとか?」
とお聞きしたら

「投資学校は高額なので、ちょっと......。いま四季報を読めるように独学でがんばってます」
......ってオイ!

そんなことをやっていたら株式投資で利益を得るまでに何十年かかるんですか!

 

正直、私、四季報読めないです。というか読めますよ? 音読しろと言われたら音読できます^^
しかし、そこに書かれている情報の意味をすべて読み取るなんてできません。
というか、それって個人投資家、兼業投資家にとって『まず最初に身に着けるべき必須のスキル』なんでしょうか?

 


なんというか......
日本語を習得したいという外国人の方が、日本人とまったく会話をしないで「広辞苑を読んで勉強してます」と言ったら「いやちょっと待って」と止めませんか?
「そんなことしないで日本人と会話したほうが日本語上手になるよ」と。

 

会話してるなかで調べたいことが出てきたら広辞苑を引くのはとても良いこと。
正しい知識が身に付きますね。

 


でも、知識ばかりを先に詰め込んで実践を何もしない、というのでは成果が得にくいですね。
お勉強自体を好きならばいいかもしれませんが、そうでなければ勉強に疲れて飽きて結局は続かないってことになるんじゃないでしょうか。

 


株式投資のお勉強は実践と勉強を両輪の輪として同時進行していくのがいいですね。