サヤカの株式投資メモ

アラフォーシングルOLのサヤカです。投資歴2年目。ぷちリッチにやってます^^

指値で買う?成り行きで買う?てか、指値と成り行きってどう違うの?

こんにちは、サヤカです。

 

証券会社の口座を開設して、ログインして、

いろいろと見てみると、

 

どうやら『指値注文』と『成行(なりゆき)注文』という

ふたつの種類の注文の出し方があるみたい、

ということが分かります。

 

これ、どう違うの?ということはインターネットで検索すればすぐに分かります。

 

指値注文は値段を指定して注文を出すこと。

◯◯円で買います、という注文の出し方ですね。

 

そして成行注文は値段を指定しないで注文を出すこと……

ではなんだか分かったような分からないような感じで、

よく考えると全然わかりません!

 

指値』じゃなければ『成行』ということらしい。

買う値段を指定するかしないか、ということらしい。

 

でも!

じゃあ、成行注文にしたらどうなっちゃうの?

誰だって安く買いたいから指値注文がいいはずなのに

なんで成行注文なんてものがあるの?

 

という疑問がわくので、もう少し調べてみると

たとえば、成行注文で買い注文を出した場合、

一番安い価格の売り注文とマッチングしてもらえるらしいです。

だから注文がすぐに成立する。

 

いいじゃないー!

自動的に一番安い売り注文と成立するなんて楽ちんでいいわ!

いろいろ考えなくても買いたいときに『成行!』でいいんじゃない?

……って思ったけど、どうやらそうじゃないみたい。

 

成行注文は一番安い価格の売り注文』とマッチング。

これが、『現在の株価』とだいぶ差がある場合があるので

「え? なんでこんな価格で買ったことになってるの?」

となってしまう可能性があるのです!

 

その数円、数十円の差が、

私たち資金のあまりない投資家にはイタイじゃないですか!

 

なので、

ここははっきりさせましょう。

注文を入れるときは指値

指値が基本ですよ。

 

成行注文のボタンがあってもそちらには目もくれず

指値注文でしっかり注文を出しましょうね!