サヤカの株式投資メモ

アラフォーシングルOLのサヤカです。投資歴2年目。ぷちリッチにやってます^^

投資情報源を信用しすぎたり、頼りすぎてはいけません

 

こんにちは、サヤカです。

 

みなさんが良い銘柄を求めているってことは知っていましたが、

投資助言者の方をあまりに信用しすぎて、一点集中で大金をひとつの銘柄に注ぎ込んじゃう方が案外多いことに最近気づきました。

 

信用しすぎ、頼りすぎはいけません

 

投資助言をしてくれた相手はお金を支払っている投資助言会社の担当者かもしれないし、SNSのカリスマ投資家さんかもしれません。

その情報源はさまざまあるでしょうけれど、

「あの人が言っているから絶対だいじょうぶ!」

と考えるのはとっても危険です。

 

だって、ある銘柄が今後上がるか下がるか、常に正確に予測できる人なんていないわけです。

 

当たる可能性が高い方はいらっしゃいますが、そういう方でもときにははずれるわけです。あなたが購入したその銘柄が、そういう『ときどきのハズレ』じゃない保証はどこにもありません。

 

良い銘柄は人それぞれ

 

こちらの記事にも書きましたが、

投資助言をしてくれる方があなたの投資スタイルや意図をよく知っているのでなければ、良い銘柄と勧められたものがあなたにとっては良い銘柄ではないこともあります。

sayaka22kabu.hatenablog.com

 

ですから、良い銘柄情報がもらえた、あの人は信用できる、と思ったとしても実際のトレードは株価の値動きを見ながら自己責任でやるのが基本です。

 

投資で損をした分を補填してもらえることはないです

 

お金を支払って投資助言をしてもらっている場合、

「これこれこんなに損失が出てしまった。なんとかしてください」

投資助言会社に詰め寄る人がいるようですが、

 

まず、損失を補填すること(損をしてしまった分を会社が穴埋めすること)は証券取引法違反です。なのでそんなことを「してください!」と要求することはできません。

 

また、「損したからお金返して!」という方も多いと思いますが、おそらく投資助言会社は契約書に「契約内容は情報提供です」というふうに書いていて、つまり情報は提供したのだからお金をいただいて何も問題はない、というのが投資助言会社の言い分になります。

 

契約書にお客さんの利益の保証は書いていないでしょう。

契約書に書かれている内容と、お客さんが損するか利益を得るか、は別のことなんですね。

「あなたを信用したんですよ!」とか

「こんなに損失を出してしまったんですよ!」とか

投資助言会社に訴えても意味がないことなんですね、残念ですが。

 

なんだか暗い話で終わってしまいそうなので、話を戻すと、

『投資は自己責任』というのをしっかり踏まえてトレードしていけば、

じりじり、じりじりと確実に資産を増やしていくことは可能なんです^^

 

一発逆転!とか

これに人生を賭ける!みたいなことをしなければ

株式投資は比較的安全に、しかも預貯金や国債などよりも効率的に資産を増やしていくことができます。

 


私がキラキラ起業女子に背を向けて、おっさん臭く株式投資をやっている理由

 

こんにちは、サヤカです。

 

先日、職場で『今月は三連休が多い』という話から趣味の話になりました。

 

私は普段、自分が株式投資をやっていることを人に話したりしないんですが、べつに隠すことでもないので、

 

「サヤカさんの趣味はなんですか?」と聞かれて

「うん……投資をちょっとね」みたいなことを言ったら

 

「あ? 仮想通貨ですか?」と食いついてきた人がいたので

「いえ、私は株式投資ばっかり^^」と返すと

 

「株式? サヤカさん見かけによらずおっさん趣味なんですね笑」と後輩男性社員に突っ込まれました。

 

『見かけによらず』というのは褒められてる?^^

それにしても釈然としない気持ちです。

だって株式投資はおっさん臭くないですから!

 

キラキラ起業女子と比べるのもなんですが……

 

ちょっと前にはやった『キラキラ起業女子』。

実際は起業家としての収入があるわけではない、という方が多かったそうですから、本業はどこかで雇われていて、

 

「いつか会社を辞めて自由になりたい!」

「朝から通勤電車で疲れたおっさんたちと押し合いへし合いしたくない!」

という願いから、起業塾ビジネススクールにお金を注ぎ込んだのではないかと思います。

 

要するに、会社のお給料以外の収入が欲しい、ということですよね。

そして、あわよくば起業したビジネスでたくさん収入を得て、会社をやめたい、ということですよね。

 

つまり、目的は『収入を増やすこと』ですよね。

であれば、『キラキラ起業女子』なんてまわりくどいことをやっていないで、株式投資でもしたほうがすぐに収入に直結します。

 

目標を明確にして収入を増やしましょう!

 

SNSに自撮り写真をあげるのが好きで、それが目的ならキラキラ起業女子で良いと思いますけど、聞けばSNSで目立つためにいろいろと散財している方もいらっしゃるとか……。

 

目的は『収入を増やすこと』なのに、それじゃコスパ悪すぎじゃないですか?!

 

私もそうですけど会社員をやっていると結構時間をとられます。

エネルギーも消費するので会社がお休みの日はぐったりしている、なんてことも場合によってはあります。

 

そんなときはSNSに顔を出してキラキラ投稿するのもシンドイと思ってしまいます。

ゆっくりとエステとかスパとか行って、友だちと美味しいもの食べて(でもSNSには写真をあげないで^^)休日を過ごしたいな、って私は思います。

 

そして、たっぷり充電したところで、来週の投資の戦略を練ったりするのが楽しいんですよね^^

 

 

投資資金があまりなくても株式投資ってできるの?

 

私は実際、「株式投資ってお金持ちがやるギャンブルでしょ?」と言われたことがあります。おばさんの方に^^

 

それは全然真実ではないんですけど、

株式投資ってある程度の資金がないとできない、と考えている人って多いですよね。

株式投資のことをまったく知らないでそう考えている人もいるようです。

 きちんと事実を知っておいたほうがいいですよね。


安い株はいくらでもあります

 

「投資資金があまりなくても株式投資ってできるの?」

 という質問の答えは「YES」です。

 

日本人が誰でも知っているような有名企業の株でも10万円以内、5万円以内で買えるケースがあるんです。

 

三菱UFJ(8306)は600円台ですし、

イオニア(6773)はなんと100円台、

小僧寿し(9973)は70円台なんですよー!

 

銘柄は100株単位で買わなくてはいけないんですが、小僧寿しは一万円以内で買えますね!^^

 そんな株があるとは思わなかった!という方も多いのではないでしょうか。


少ない資金では利幅が少ないです

 

しかしですね、ここでやっぱり、そうそううまくは行かないという現実があります。

 

先ほどの小僧寿しですが、過去ひと月の値動きを見ると大きく上がったときでも4円の上昇......。

 ということは100株購入だったら400円の利益。しかし株の売買には手数料がかかりますから、場合によっては赤字!


だから、このような銘柄は取引される株数がとても多いです。

1万株保有していたら4円上昇すれば4万円の利益ですもんね。

 

安い銘柄で儲けることができない、というのではなく、少ない資金で大きく儲けるということがやりにくいんですね。


実際、株式投資っておカネがおカネを生み出すようなところがありますから、資金が多いほうが儲けやすいとも言えます。


少ない資金でも投資をするには


ですから、

 「投資資金があまりなくても株式投資ってできるの?」

 という質問の答えは「YES」だというのは

投資自体はできます。

 という意味だけ、ということになります。


利益は数百円、数千円となる場合が多いですけどね、ということなんです。


で、たいていの人って、利益が数百円、数千円だといやになっちゃうんですよね。

投資をやっているときのドキドキや不安と差し引きすると「わりに合わないや」ってなる。


副業でお金を稼ぎたいならほかにも良いものがいっぱいあるでしょ。

 ......と考えてしまうんでしょうね。


その気持ちは分かるし、それは事実だと思います。

でも、数百円、数千円でも確実に増やすことができていれば、

それはいつか10万円、100万円となります。


「数百円が100万円って、いつなるんだよ?笑」

と思う方は、複利のことを思い出してくださいね^^

 

株式投資は何%上がった、何倍になった、という世界ですから、数百円、数千円の利益がいずれ数万円、数十万円となる可能性は多いにあります。

 

逆にいえば、それくらいの気持ちで取り組める余裕のあるうちから株式投資に取り組んでいたほうがいいかもしれません。

 

経営状況が詰んでから、「株で人生逆転するぞ!」みたいに焦った状態で株式投資を始める人って、割と失敗して貯金を早々に使い果たしてしまうことも多いみたいですから。

 

何事もあおられたり焦ったりしてやるのは、よろしくありませんよね。



注文を入れてみましょう。


銘柄を購入するときには買い方は2種類あります。

 指値(さしね)注文』『成行(なりゆき)注文』です。

 
指値(さしね)注文』とは?

 

指値注文』は「〇〇円で買いたい」と値段を指定して買いたいという注文を出すこと。

 この時点では注文を出しただけなのでまだ注文は成立していません。株は買えていないということです。

 

『成行(なりゆき)注文』とは?

 

『成行注文』は「いくらでもいいからとにかく買いたい」と注文を出すこと。

なので、注文が成立しやすいです。

 取引時間中に『成行(なりゆき)注文』を出すと、そのとき売りに出ている一番安い価格で注文が成立します。


ここでワンポイント!

 

あなたが「買いたい」と注文を出したとき、同じ値段で「売りたい」という人がいなければ取引は成立しません。

 そのマッチングをしてくれるのが証券会社というわけですね。

 

マッチングして契約成立することを『約定(やくじょう)』と言います。

 

で、『指値注文』と『成行注文』では......『成行注文』のほうが約定しやすいということですね!

 
指値(さしね)注文』のメリット・デメリット

 

自分が希望した価格でなければ契約が成立しません。

 

想定外の価格で買ってしまった、ということにはならず安心して注文を出せるというメリットがあります。

 しかし、うまく注文を出さないと契約成立にいたらない、というデメリットがあります。

 
『成行(なりゆき)注文』のメリット・デメリット

 

そのとき売りに出ている一番安い価格で注文が成立ーー一番安い価格ならいいのでは?と思うかもしれませんが、株価が急騰して短時間でどんどん上がっているときなどは自分が想定した株価より上で注文が成立する可能性もあります。


でも、「いくらでもいいから」と言ったので、予想していたのとまったく違う金額で約定していることもあります。

 

『成行注文』はこのデメリットがどうしてもクローズアップされてしまいますね。

 メリットは......「どうしても欲しい!」と思った銘柄が手に入りやすいことでしょうか?笑


初心者が迷いやすいポイント

 

じゃあ、私はどっちで買えばいいの?

この銘柄はどっちで買えばいいの?

 と迷ってしまうかもしれませんね。


整理して考えてみましょう。


指値注文』は「〇〇円で買いたい」という注文ですから、基本はこちらの注文です。


『成行注文』は『成行注文』で『使える』注文だから、そういうサービスがあるんですが、先ほど書いたデメリットが、初心者にはショックが大きすぎます笑

 

なので、最初のうちは『指値注文』のみ!で行きましょう。

難しく考えないのが吉です。シンプルにシンプルに^^

 

 

株式投資はお金持ちでないとできない?

 

私が株式投資をやっていると知ると、ちょっと興味をもってくる人が一定数います。

 結局は、わりとみなさん、投資に興味があるんですね笑

 
仮想通貨ではもう稼げそうにないし、ICOは何がなんだか分からないから怖い、FXは割と身近に大損をした人がいる^^......とかで、

 

「昔からある株式投資ってやっぱり儲かってる人は儲かってるんだよね」

 という認識になったみたいですね^^

 
ほんとにそのとおりで、株式投資は流行りすたりの投資とは一線を画した、きちんとした資産形成の方法です。

 

東京証券取引所が設立されたのは明治初期だそうですから、ゆうに100年以上の歴史があるわけですね。

 

株式投資は誤解されている?

 
でも、その株式投資

まだまだ誤解されていることが多いなぁと思います。

 
この記事タイトルにも書いたように、株式投資というと

 「大金持ってないとできないんでしょう?」

 と言われることがけっこう多いです。

 つまり、金持ちだけができる趣味というか道楽というか......^^。

 
私は自分の生活のためにやってますからね!^^
趣味とは思っていません。

 
コスパがいいからやってるんです。
自分でビジネスを立ち上げるよりは断然いいです。

  

 

で、話を戻しますが、

 株式投資はたくさんの元手資金がないとできないか?

 という質問の答えは「NO」です。

 
株はたいてい100株を1単位として買いますので、数百円、数千円で買える銘柄はありません(方法として数百円、数千円で株式投資をする方法はあります)。

 
ですから株価が数百円の銘柄であれば、数万円で買えるということになります(その他に手数料もかかりますが)。

  

わりと

「10万円あれば投資ってできますか?」

とお聞きになる方が多いので、貯金の10万円を投資に回してみよう、というのは案外考えやすい金額なのかな、と思います。

 
はい、10万円あれば株式投資がスタートできます

 

 株式投資にはリスクもあります

さきほど、

「自分でビジネス立ち上げるよりはいい」

と言いましたけど、

 

株式投資を副業で考えている方も多いかと思います。

 

副業という枠のなかで考えると、株式投資はリスクもありますので、注意が必要ですね。

 

 

TATERU(1435)の下落とガチホの危険性

 

すでにみなさん、ご存知のとおりTATERU(1435)がたいへんなことになり、多くの投資家さんが被害をこうむっているのではないかと思います。

 

 

『成長株......』『優良株......』などという名前のファンドにも多く組み入れられていたようですね。成長株投資で知られている投信でも大量保有していらところが多かったのではないでしょうか。

 

機関投資家さんも、今回の問題では売るしかなかったのでは?と思います。

 

 

私のような個人投資家さんで被害をこうむってしまった方には本当にお気持ちお察しいたします。

 

今後に期待をもって、またがんばっていきましょうね!

 

 

 


こういうことがあると、想定外のことに備えておくことの重要性を痛感しますね。

 

 

 

最近『ガチホ』という言葉をインターネット界隈でよく見ます。

 

『ガチでホールド(継続保有)』という意味で、仮想通貨の取引で言われ始めたようです。

 

多少のボラティリティに一喜一憂せずに長期保有するスタンスだよ!ってことですね。

 

 

 

でも株式投資の世界では昔から「銘柄に惚れるな」と言われています。

 


「この銘柄は絶対に信頼できる成長株だからガチホ!」と考えて、日々のケアを怠っていると、ある日あっという間に暴落、なんてこともあり得ます。

 


「この銘柄だけは絶対にそんなことはない」とは誰も言えないんですよね。

 

何かが起きて暴落したときはどうするか?ってことは常に考えておいたほうがいいですよね。

 

 

これから大化けする銘柄を、上がる前に知りたいんです!


先日、投資家が集まる、あるお食事会に参加したときに

大化けする銘柄を、上昇トレンドに入る前に知るにはどうしたらいいんですか?」

とみんなに聞きまわっているおばちゃ......女性がいました。

 

 

そりゃそうだ。

私だってそんな銘柄を、

まだまだチャートの移動平均線がぜんぶ重なってるくらいの時期に知ることができたら!と思いますよ^^

 

あなただってそうですよね。



 

その女性、Sさんは、

「それを知るためにはスクリーニングですよね。

そのスクリーニングはどうやったらいいんですか?」

「あなたはどんなスクリーニングをやっています?」

などと、かなり食い下がっていろいろと聞いていました。

 

 

そのうち、Sさん、

私のところまでやってきて同じような質問をしてきました。

 

私は実際のところ銘柄選びを自分でやっていないので、

「私はあんまりスクリーニングは詳しくないんです(微笑)」

でやり過ごそうとしたところ、

 

Sさんは

「さっきお話を聞いたTさん、いいスクリーニング方法を知ってるみたいなのに、

やり方を聞いても教えてくれないんですよ!」と逆切れ? 開き直り?

みたいなことを言ってきました。



 

そりゃ、投資家だったら自分のスクリーニングのやり方を安易に他人に教えたくないですよね。





でも、投資家さんって面白いもので

『自分が目をつけていてまだ人が目をつけていなそうな銘柄』を

ちょこっと教えたくなっちゃうんですよね。

 

とっくに新米投資家に対しては、

先輩風? 上から目線? (笑)で、

「こういうとこ狙うといいんだよ」みたいに教えてくださる方、いらっしゃいますよね。




実際、Sさんだって昨年の11月に、【投資歴10年】という女性の方にとっても良い銘柄を教えてもらったそうです。

 

その銘柄、半年後には2倍になり、夏枯れで少し下がったもののまだまだ有望そうです。

 

 

 

「すごいですね! 大化け銘柄候補を教えてもらったんですね。いいなー」

 

思わず私がそう言ったところ、

Sさんはその銘柄買ってない、って言うんです。

 

 

理由は、昨年の11月時点では、その前の1年間、株価がずーっと低迷していたからーーだそうです。

チャートで見ると11月中旬あたりからガンガンにあげてきています。

 

 

いや、だからそれ、その11月が『大化け銘柄の上がる前』なんじゃないですか?^^;




どうやらSさんは自分で納得してスクリーニングをしないと

大化け銘柄として仕込んでおくことはできないようですね。




そのあと何気なく

「ところで、Sさんご自身はどんなスクリーニングをやっていらっしゃるんですか?

と聞いてみたところ、



「私? 私はスクリーニングってやったことないのよー」

 

というお返事でしたww




ちなみに私は自分でスクリーニングとかしません。

 

Sさんと逆で、自分独自の方法でスクリーニングして出てきた銘柄を、買う勇気がいまいちありません。

 

そういうのは上手な方がやっていただきたいと思います^^

先輩からの「こういうとこ狙うといいんだよ」情報は大歓迎ですww